ソーシャルレンディングのリスクを分散!おすすめサイトランキング

home > ソーシャルレンディングのリスクについて > ソーシャルレンディングのコスト管理と税金

ソーシャルレンディングのコスト管理と税金

ソーシャルレンディングは資産運用の投資ということになりますので、税金もかかります。
株式投資などと同じで雑所得ということで収益の20%が税金で差し引かれます。
業者を通して自動的に引かれますので、業者が徴収して支払ってくれるということになります。
課税では総合課税と分離課税がありますが、総合課税で処理がされます。
そして他の投資との損益通算はできませんし、繰り越し控除などもできません。
詳しい内容はそれぞれの業者のサイトなどで確認をすることができますし、その他は直接連絡をして確認をすると簡単に知ることができます。
その他キャッシュバックなどの所得は一時所得になります。
また確定申告をしなくても良いという条件もあります。
給与所得や利益などです。
それぞれの条件も簡単に確認をすることができます。


ソーシャルレンディングは投資なので、リスク管理とともにコスト管理も重要になります。
できるだけコストを低くできるようにしておくことが必要です。
その他長期投資になりますので、その場合の諸費用もコストになります。
また、投資先でも、より有利な投資先を選ぶ必要もあります。
コストをできるだけ抑えるのにはどうすべきかも理解しておき、基本的な知識や応用、税制の変更などの情報などもアンテナを立てて理解しておく必要があります。
とくに他に収入がある場合には、綜合してリスク管理やコスト管理をする必要があります。
本業があり副業として投資をする場合や、本業として行う場合、趣味として楽しむ場合など、色々な場合がありますので、それぞれに適しやリスク管理やコスト管理の知識が必要になります。


そのほか重要な点としては、仲介業者の信用や実績なども確認をしておく必要があります。
また、歴史が浅い投資の業種なので、情報を十分収集して、歴史の浅い分を補う必要があります。
投資案件を見ても投資する期間が長いので、その間に安全に収益を得ることができるのか、資金が戻ってくるのかを考えて投資する必要があります。
資産運用での投資は、すべて自己責任ですので、投資前の準備は非常に重要です。
また、自分自身の投資方法もリスク管理ができているかどうかをよく理解して投資をする必要があります。
そして、インターネットを通してのソーシャルレンディングの体験談なども貴重な資料になります。
そのほか業者のサイトや、比較サイトや、個人の専門ブログなどの情報発信のサイトも参考になります。
関連の必要な情報収集は基本になります。