ソーシャルレンディングのリスクを分散!おすすめサイトランキング

home > ソーシャルレンディングのリスクについて > ソーシャルレンディングでのリスクの分散法

ソーシャルレンディングでのリスクの分散法

資産運用などの投資をしながらのお金の管理では、ふたつの重要なポイントがあります。
リスク管理とコスト管理です。
それは投資全般での基本中の基本で、これがうまくいかないと、調子が良い時には問題はないのですが、不運や不調の波にのまれたときには、損失が大きくなったり、資金を失ったりということになります。
ソーシャルレンディングでもリスクの分散法は非常に重要になります。
要するに投資資金のトータルよりもどれだけ戻ってくるお金が増えるかということが基本になります。
それでできるだけ手数料などが安くなり、保管などのコストも下げて利用することが重要になります。
手数料や保管料は、収益から引かれるコストだからで、それが少なければ少ないほど儲かるということになります。
そのほか税金などもコストのひとつになります。


リスクの分散法ということでは、同じ籠に卵をすべて入れないという株式投資の格言が重要な真理になります。
同じ籠に入れて運べば、簡単で運ぶのも一度にできてメリットが多いですが、転んでしまえば、すべての卵をダメにするかもしれません。
しかし、何度かに分けて運べば、そのたびに転ぶことはあり得ず、一度転んでも、その他の運ぶ卵は安全に運べるということになります。
ソーシャルレンディングでも、その他の投資と連動させて利用すると分散できるということになります。
とくに金利分の危険があるということでもありますので、その点も選ぶ場合に注意が必要になります。
多くの投資のひとつとして、自分の資産の中のひとつの方法として利用するのが、分散の意味になります。
すべての資金をつぎ込まないようにする必要があるわけです。


ソーシャルレンディングの中での分散投資ということでも、全体の資金のどのくらいの割合を投資するかということや、その中でもどの事案に投資をするかということも判断する必要があります。
そのほか仲介業者の信用の問題や、今までの実績なども、年単位で考えてみます。
期間が長いとその分リスクも増えるからです。
今の投資環境では預貯金などの金利を期待することができないので、その代わりにできるだけ有利な投資先を探すことが必要ですが、そのためにも万が一の時のために、危険分散が非常に必要になります。
失ってしまうと帰ってこないのが普通で、自己責任の投資になります。
そのためにも分散投資は非常に重要になります。
何もなければ収益も預貯金以上には得られるからです。
何かあっても回復できる損害で限定できます。

次の記事へ